おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。日々を心豊かに暮らすために考えたことを綴っています。

レタスに水菜、薩摩芋など伯母からもらう野菜は給料ゼロ家庭には助け船です。

 今日の一枚の写真は野菜です。薩摩芋、リーフレタス、水菜が山盛り。

台風の被害、地震の被害など野菜が育つ時期に天災が続いたため、野菜がとんでもなく高いですね。私が住んでいるような田舎でも、スーパーで買おうとすると躊躇してしまうようなお値段で、もっぱら安めのキノコ類ばかり買っています。 

f:id:kukiha-na:20161109105938p:plain

そんな中、時々いただく、伯母の野菜は貴重品です。月に2回ほど、母をおしゃべりしに連れて行くのですが、いつも採れたて野菜をたくさん持たせてくれます。

夫の実家からも、行けばそのたびに色々な野菜を分けてもらっています。

実のところ、夫が仕事を辞めて給料が入らなくなってから、なんとか暮らしていられるのは、こうして野菜を分けてもらえるからと言うのがとても大きいです。

oba.hatenablog.com

洋服は破れない限りはギリギリまで買わなくても我慢できますが、食事は毎日食べなくてはなりませんから、日常食べる食材だけは最優先で確保したいのです。

食事に何を作ろうかと冷蔵庫を見て、野菜室に野菜が入っていない時ほど寂しいことはありません。

夏野菜から秋野菜への切り替え時というのもあったのですが、スーパーへ買い物に行くと、ついつい出費してしまうので、ギリギリまでお買い物に出ないという生活だったものですから、最近は入っていないこともたまにありました(笑)

おかげさまで、今回いただいたレタスと水菜で、我が家の油彩質は満杯になりました。;冷蔵庫に野菜がたくさん入っていていると幸せな気分になります。

しばらくは、レタスと水菜のサラダや、卵とじ、水菜を入れた鍋、お漬け物など色々楽しめそうです。