おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

茎葉(くきは)のプロフィール

ご訪問ありがとうございます。

ブログ「おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?」の管理人茎葉(くきは)です。

f:id:kukiha-na:20160904235616p:plain

 若い頃は文学少女で、詩を書いたり、文章を書いたりすることが好きでしたが、結婚して日常に紛れているうちに、いつの間にか文学とはほど遠い生活になっていました。 

 祖父母を送り、父を看取り、現在は年老いていく母の介護。※父の看護記録です →日、一日と時は過ぎ(更新終了)

リストラで仕事を辞めた夫は、なかなか就職が決まらず蓄えを削る生活です。きっと年金が支給される年になるまでこのままかもしれないと思います。 

 まあ、色々と悩みはありますが、元来のんきな性格なので、何とかなるさと腹を括っています。

でも、50歳を過ぎて、ふと振り返った時、家族中心の生活で、自分はどこに隠れてしまっているのだろうと思いました。

 もちろん、家族が健康で幸せに暮らすために心を砕くことはやぶさかではありませんが、いつもいつも自分を後回しにしてきてしまったような、そんな気がしたのです。

 ここら辺で、自分のために、何か小さなことをしてみよう、詩を読む生活をはじめてみることにしました。

ブログでは、読んだ詩のこと、本のことなど、日常のことを気ままに書いてみたいと思っています。

病気のこと

丈夫で子供の頃以来病院にかかったことがありませんでしたが、60歳を目前にした2016年12月、突然目が見えなくなり、糖尿病性網膜症だということがわかりました。

自分が糖尿病だったということさえ気づかないままに、密かに病気が進行していて愕然としました。

さらに、卵巣に腫瘍があるこもわかり摘出手術をして、それが悪性であることがわかりました。

幸い初期段階のステージ1でしたが、その後の抗ガン治療で回復するために約1年近くかかってしまいました。

自分のための覚え書きではありますが、「病気の話」カテゴリで、その時のことを書いています。

 猫好きです

 それと、これは言っておかなくてはなりません。猫好きです。

子供の頃からずっと家には猫がいたので、そのせいか、猫のいない生活は考えられません。子供に恵まれなかったのもあって、猫が私達夫婦の「かすがい」でした。

ずっと一緒にいたキジ猫のクロロが2015年9月30日に20歳で虹の橋を渡り、2016年4月20日からはメインクーンのシルルと暮らしています。→ 老猫クロロのひだまり日記(更新終了)  / メインクーン猫シルルのもふもふ(更新終了・当ブログと統合)

ブログタイトルのこと

 ちなみに、ブログタイトルの「おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?」ですが、変なタイトルですけれど特に深い意味はありません。ブログタイトルを考えていてなんとなく浮かんできただけなのです。

元ネタはフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』で、「ブレードランナー」というタイトルで映画にもなっています。

どうぞよろしくお願いします

こんな私ですが、ブログをご覧いただいてご意見やご感想などありましたら、コメント欄、またはメールフォームからぜひお聞かせください。→茎葉へのメールフォーム

お気に召したら読者登録、はてブ大歓迎です。これをご縁に、これからもどうぞよろしくお願いします。