読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

おばさんは寒い日に電気炬燵に入るのか?

 寒くなって来ました、寒い日には炬燵に入ってみかんを食べつつテレビを見る。昔はそれが定番の家族団らんでした。

ブログタイトルにもしているくらいですから、炬燵でぬくぬく大好きなんですけれどね。今の我が家では、炬燵を使っているのは母1人だけなのです。

茶の間には電気炬燵をかけていて、テレビの前が母の指定席です。デイケアに行かない日は、ずっと一日中、炬燵に座ったり、横になったりしながら過ごしています。 

f:id:kukiha-na:20161203104245p:plain

でも、二階の夫婦の居室は、2年前に炬燵をやめてしまいました。私が家の断捨離をはじめたのがキッカケです。 

 炬燵を置いていると、身軽に立ったり座ったりできなくなるじゃないですか、それでつい、炬燵のまわりにぐるっとモノを置くようになって、部屋が雑然としてしまうのですよね。

掃除機をかけるのも、床をモップがけするのも、モノを動かしながらになって面倒だったので、試しに炬燵布団を取ってみたらかなり身軽になったのです。

私の定位置はもともとデスクトップパソコンの前でしたから、炬燵に入ってテレビを見るのは夫だけでした。夫も腰が悪いので、椅子に座ってテレビを見ることにあまり抵抗はなかったようで、今ではすっかりこの生活が定着しました。

「おばさんは電気炬燵で夢を見るのか?」の答えは、今は「見ない」です。(過去には見てました)今は、エアコンの暖房だけで、それでも寒い時には厚着をしたり、膝掛けを使ったりで寒さを凌いでいます。