おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。日々を心豊かに暮らすために考えたことを綴っています。

医療用帽子。抗ガン治療中の愛用品です

抗ガン治療で髪が抜けてきて以来愛用している医療用帽子です。 

f:id:kukiha-na:20170309133259p:plain

最初は、洋品店でおシャレ用の帽子を買ったり、100円ショップで毛糸の帽子を買ったりして使っていました。でも、実際に使ってみると一日のほとんどの時間かぶっているようにはできていなので、額がかゆくなったり、少しの風で吹き飛ばされてしまったりして困っていました。 

そしたら、あるんですね。抗ガン治療用の帽子が。

 オーガニック・コットンや、やわらかいガーゼ、医療帽子用に開発された糸で編んだニットなど、長時間被っていてもストレスにならないように作られています。

また、深くかぶれるようなデザインになっているので、少しの風では吹き飛ばされなくて良い感じです。 

oba.hatenablog.com

お値段は1000円前後から5000前後くらいまで。 1万円以上しますがウイッグ付きの帽子などもあります。Amazonさんで検索してみると、実用だけではなくて、柄つきのもの、レースやリボンがついているものなど、色々なデザインの帽子があります。

どれを注文しようか眺めるのは、ちょっとした楽しみの一つになりました。病気中でもお気に入りの帽子を楽しむくらいの余裕は欲しいですものね。

あと30年くらい若ければ、ネコミミ風のニット帽子も試してみたかった(笑)

f:id:kukiha-na:20170309133327p:plain

最近は、外出用にツバのある帽子を1つ、自宅用、就寝用にはツバのないキャップ、ガーゼ製とニット製の2つを使っています。

外出時は、帽子を深くかぶって、大きめのマスクをするので、「これじゃ、怪しい人だね」なんて笑っていますが、自分の体を護るためなのでしかたありません。