読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

星と花・土井晩翠:美しいけれど、なんとなく違和感

土井晩翠の「星と花」を読みました。詩集『天地有情』(1899博文館)に掲載の一篇。

青空文庫で読めます。 →図書カード:天地有情 底本は、『明治文学全集58 土井晩翠、薄田泣菫 浦原有明集』(1967年年筑摩書房)

 f:id:kukiha-na:20161009234708j:plain

土井晩翠(どい ばんすい)は、1871年(明治4年)うまれの詩人、英文学者。「荒城の月」に代表そちるような漢詩調の男性的な詩で、女性的な詩の島崎藤村と「藤晩時代」と称されました。1952年(昭和27年)に亡くなっています。

 

星と花

 

       土井晩翠

 

同じ「自然」のおん母の

御手にそだちし姉と妹(いも)

み空の花を星といひ

わが世の星を花といふ。

 

かれとこれとに隔たれど

にほひは同じ星と花

笑みと光りを宵々に

替はすもやさし花と星

 

されば曙雲白く

御空の花のしぼむとき

見よ白露のひとしづく

わが世の星に涙あり

 文語体の詩は独特のリズムがあって音読すると気持ちが良いです。でも、現代の私にとってはやや堅苦しくて、直接に感情が伝わりにくいようにも感じます。

詩人は、空の星と地上の花は、同じ母から生まれれた姉妹だと詠っています。あちらとこちらに遠く離れていても、その香りは同じで、夜ごとに交わすほほえみと輝きはやさしいと。

そして夜明けの雲が白んでくる頃には、空の花は萎んで消えてしまい、その時、地上の花はひとしずく、朝露の涙を流すのです。

星と花という柔らかいイメージを描いているのですが、歯切れ理良いキッパリした雰囲気の詩です。男性の目で星と花を表現するとこうなるのでしょうか。

美しい詩で、状況としてはとてもよくわかるのですけれど、なんだか理屈っぽくて私には共感しにくかったです。

著名な詩人の詩を批判する気はなくて、好みの問題だと思うのですけれどね。