おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

詩集青い世界:夜半・仲津麻子

中学~高校生の頃に書いた詩です。つたない詩で恥ずかしいのですが、あえて記録しておくことにします。

f:id:kukiha-na:20161111012500p:plain

この詩は確か大学1年生の頃。はじめて学生寮でのひとり暮らしをした時に書いた詩だと記憶しています。

 夜半

       仲津 麻子

 

耐えきれなくて

隣の部屋をノツクする

 

コツ コツ コツ……

 

音が

響く……

        (C)Nakatsu Asako