読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

詩集青い世界:やまい・仲津麻子

 中学~高校生の頃に書いた詩です。つたない詩で恥ずかしいのですが、あえて記録しておくことにします。 

f:id:kukiha-na:20161111012500p:plain 

青春時代の「何とはなしの憂鬱」な気分を書いた詩です。大人になってから思い出すと甘いなと思ってしまうのですが、当時は、どうにもならない精一杯の感情だったのだと思います。

やまい

        仲津 麻子

もどかしい

 

こころが……

 

黄色い花は

髪の造花

 

ひの向こうに

顔がみえる

 

まぼろし……

 

もどかしい

心が……

 

心が

ガラスなら……

     (C)Asako Nakatsu