おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。日々を心豊かに暮らすために考えたことを綴っています。

今日の詩:笑いの歌・ウィリアム・ブレイク

ウィリアム・ブレイクの「笑いの歌」(吉田甲子太郎・訳)を読みました。

青空文庫 海外文学に公開されている一篇。 →青空文庫 図書カードNo46818

1789年に発表された詩集『無垢の詩』に収録されている作品です。

 f:id:kukiha-na:20160808222429p:plain

ウィリアム・プレイク(1757-1827)はイギリスの詩人、銅版画家です。

 

笑いの歌

     ウィリアム・ブレイク 吉田甲子太郎・訳

 

緑の森がよろこびの声で笑い

波だつ小川が笑いながら走ってゆく、

空気までが私達の愉快な常談(じょうだん)で笑い

緑の丘がその声で笑い出す。

 

牧場(まきば)がいきいきした緑で笑い

きりぎりすが楽しい景色の中で笑う、

メアリとスーザンとエミリとが

可愛い口をまるくしてハ・ハ・ヒと笑う。

 

私たちが桜らんぼとくるみのご馳走をならべると

その樹の陰できれいな鳥が笑っている、

さぁ元気で愉快に手をつなぎましょう

うれしいハ・ハ・ヒを合唱しましょう。

 

 なんとも楽しい詩です。読んだまま、そのままを楽しめば良いのでしょう。

 おそらく「箸がころげても可笑しい」年頃の娘たち、メアリとスーザンとエミリだけが笑っているのではなくて、まわりの自然や生き物も、みんなに笑いの連鎖が起こっています。

 自然豊かな緑の森、キラキラ光る小川、小さな虫や可愛らしい小鳥たち、空からはお日様の光が降りそそいで、なんと穏やかで美しい風景。

 詩集『無垢の歌』は、新しいわらべ歌を表現しようとしたそうなので、この詩にも純粋無垢な子供のような心が表現されているのですね。