読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

今日の詩:Enfance finie・三好達治

三好達治の「Enfance finie」を読みました。

アンファンス フィニ。フランス語で青春時代の終わり、過ぎ去りし少年時代、という意味のようです。

青空文庫 詩集に公開されている一篇。→ 測量船 図書カードNo55797

詩集『測量船』(1930年第一書房)に収められた詩です。 

f:id:kukiha-na:20160803205014p:plain

 三好達治は1900年(明治13年)生まれ。 

 

 Enfance finie

 

      三好達治

 

海の遠くに島が……、雨に椿の花が堕ちた。鳥籠に春が、春が鳥のゐない鳥籠に。

約束はみんな壊れたね。

海には雲が、ね、雲には地球が、映つてゐるね。

空には階段があるね。


 今日記憶の旗が落ちて、大きな川のやうに、私は人と訣れよう。床に私の足跡が、足跡に微かな塵が……、ああ哀れな私よ。

僕は、さあ僕よ、僕は遠い旅に出ようね。
 
 
すっかり忘れていたのですが、中学、高校生の頃に大好きだった詩でした。久しぶりに読んでみて、「そうそう、こんな感じだった」と、当時読んだ感覚がよみがえりました。
 もの悲しくて、感傷的で、感受性豊かで。大人になる一歩手前の透明な少年の心が描かれているような気がします。
この詩に関しては、一語一句の意味を解釈したくありません。
読んで感じたイメージのまま、そのままで良いような気がするのです。