読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

今日の詩:大漁・金子みすゞ

金子みすゞの「大漁」を読みました。1924年発表の詩です。

 f:id:kukiha-na:20160728083351p:plain

 『日本童謡集』(岩波文庫)に掲載された作品が注目を浴び、金子みすゞの代表作と言われています。 

 大漁

 

        金子みすゞ

 

朝焼小焼だ

大漁だ

大羽鰮の

大漁だ

浜はまつりの

ようだけど

海の中では

何万の

鰮のとむらい

するだろう。

 

 魚も獣も食物も、人間は命を消費せずには生きて行けません。

豊富に食べ物があることが生きるのに必要なことであり、生活の手段でもあります。

 鰮が大漁に獲れたら町はお祭りのように活気づき賑わうのです。

 でもそれは、人間が食物連鎖の上位に位置しているからこそ。

普通の人間は獲られる鰮の命なんかには思い至りません。

 得る者があれば、それによって失う者がある。生きる者があれば、それによって死ぬ者もある。

oba.hatenablog.com

詩人の目は生きる者すべてに平等に注がれています。

 私達は小さな命を食べないでは生きて行けません。

その小さな命に思いを寄せて、慈しむ心は持ち続けていたいものです。

  https://youtu.be/SlsUobFHsI0

youtu.be