おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

芝の芽・土田耕平:詩人の原風景、あの頃は何にでもなれた

土田耕平の「芝の芽」を読みました。

青空文庫で読めます。 →図書カード:芝の芽 底本は日本児童文学大系第九巻(1977年ぽるぷ出版)です。

 f:id:kukiha-na:20161009230552p:plain

土田耕平は、1895年(明治28年)生まれの歌人。童話作家。1911年に嶋木赤彦に師事して歌詩「アララギ」に投稿。編集にもかかわっていました。

1921年頃病気のため伊豆で療養生活をおくっています。その後は故郷の長野へ帰り、県内を転々としながら、信濃毎日新聞の歌壇選者を務め、短歌、童話の創作活動をしました。1940年に心臓病で亡くなっています。

 

芝の芽

 

          土田耕平 

芝の芽の萌えるころは

ふるさとの丘を思ひだす

ゆるやかにふわふわと雲り浮かんだ

あの丘山を

犬ころが走り

凧があがり

ぼくらは寝そべつてゐたっけが

「どこへ行かうかな」

「大きくなつたら」

「海へ__空へ__遠いところへ__」

誰やかれやみんな叫びあつた__

芝の芽の萌えるころは

ふるさとの丘を思ひだす

ゆるやかにふわふわと雲の浮かんだ

あの丘山を

ああ誰もかれも

みんな大きくなつただらうな

  冬の間茶色く縮こまっていた芝の芽が芽吹くのは春、4月ころからです。暖かい日差しを浴びて、子供たちはふんわり白い曇り浮かぶ丘山に集い、思い思いに遊んでいるのです。

それが大人になった詩人の原風景、子供の頃のふるさとでの楽しい想い出なのですね。当時は世の中のことは何も知らなくて、将来は希望に満ちていました。

社会に出て色々な経験を積んでから、あの頃のことを考えると、どこまでも、ひたすらに走って行けそうに感じていた、あの頃の自分が愛おしい。

そして、そう考えている自分と同じように、あの頃一緒に将来を考えた子供たちも、みんな大人になっているのでしょう。どんな大人になっているのかな、なつかい気持ちでいっぱいになります。