おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

詩集Fantasia

詩集Fantasia:あとがき

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 詩集Fantasiaは、1987年11月29年、私の結婚記念に編みました。気がつけばもう35年も前のことになってしまいました。

詩集Fantasia:イマジネーション

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 夜中に目覚めて、闇の中でぼんやりしていると、頭の中に色々なイメージがわき起こってきました。その中のいくつかをつかんで言葉にしてみた詩です。

詩集Fantasia:ファンタジア・仲津麻子

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 ニール・ハンコックのファンタジー小説、光の輪シリーズに触発されて書いた詩です。内容は小説とはまったく違いますが、「母たち」「時に先立つ世界」などの言葉は小説で使われていました。

集Fantasia:朱い海の歴史

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 動物が地球上に現れて以来、延々と繰り返されてきた命の歴史について書いた詩です。 それは、女という存在を考えることでもありました。

詩集Fantasia・アンドロイドの女神は微笑む

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 SFです。 アンドロイドの女神は微笑む 仲津麻子 人の群れが吐き出されている ぜんまい仕掛けの夜明け 特殊絵の具で描かれた風景を照らし 人工太陽が昇る 影はアスファルトに張りつき 人を…

詩集Fantasia:誕生・仲津麻子

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 この詩を書いた時のことを良く思い出せないのですが、子宮の中にいた記憶のイメージです。

詩集Fantasia:神話・仲津麻子

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 当時興味を持っていた、オカルトティックな宇宙観の影響で書いた作品です。

詩集Fantasia:幻視宇宙

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 何が表現したかったのか自分でもうまく説明できない詩です。 独りでいるとたまに精神が浮遊するような、いわばトランス状態のような感覚に襲われることがありました。その時のイメージを言…

詩集Fantasia:星・仲津麻子

10代から20代頃に書いていた詩を記録しておくことにしました。 1986年にハレー彗星が地球に接近した時に触発されて書いた詩です。ハレー彗星そのものとはあまり関係無い内容かもしれません。

詩集Fantasia:蝶・レクイエム

10代後半から20代の頃に書いた詩をとどめておくことにしました。 1985年8月12日に起こった日航機墜落事故の惨状をニュースで知りショックを受けました。その後しばらくして気持ちが落ち着いた頃に書いた詩です。→日本航空123便墜落事故 - Wikipedia 詩の内…

詩集Fantasia・私がまだ鰓を持っていたころ・仲津麻子

10代後半から20代の頃に書いた詩をとどめておくことにしました。 人間は母の胎内にいる時に、単細胞動物から、魚類、両生類、そしてほ乳類と進化の歴史を体験して生まれてきます。そのことに気づいた時に書いた詩です。

詩集Fantasia:影の幻想・仲津麻子

10代後半から20代の頃に書いた詩をとどめておくことにしました。 OL時代、一人暮らしをしていた頃に、就寝前に部屋の電気を消すとよくイメージしていたものでした。

詩集Fantasia:愚者の旅・仲津麻子

10代後半から20代の頃に書いた詩をとどめておくことにしました。 タロットカードに興味を持って調べていた頃の作品です。 占いなどはしませんでしたが、象徴的な絵柄に魅かれてコレクションしていました。

詩集・Fantasia:子宮・仲津麻子

10代後半から20代の頃に書いた詩をとどめておくことにしました。 25の時だったか、26のの時だったか、私が東京でOLだった頃、母の体の不調がみつかりました。 地元の小さな病院での手術でした。術後。父と伯母と私は、たまたま切除した母の臓器をのう盆に…

詩集Fantasia:壁の中で・仲津麻子

紛失してしまう前に、 10代後半から20代の頃に書いた詩をとどめておくことにしました。若気の至りでちょっと恥ずかしいのですが…… 悩み多き時代でした。今思うと些細なことで鬱々したり、ひねくれたりしていたように思います。 当時は本名で詩を書いていたの…