おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。日々を心豊かに暮らすために考えたことを綴っています。

「野菜のスープ煮」バリエーション自由自在:糖尿病患者の食卓

今日のメニューはこちら。野菜のスープ煮です。 最近、週1くらいの割合で食卓に上がっています。 材料をお鍋にいれてコトコト煮るだけなので、お鍋をIHヒーターに乗せたら、後は食卓に座ってコーヒーを飲んでいるだけという横着メニューです。

糖尿病の影響で左目にむくみが出る:病気の話26

、11月30日に、2ヶ月ぶりに眼科外来に行ってきました。 前回までは経過良好で、順調だったのですが、今回の検査で、左目に再び「むくみ」が出ていることがわかりました。 目が見えにくいという自覚症状もなく、良くなってきたと思っていたのでガッカリ。 や…

春の詩集・河井醉茗:そっと心に秘める青春の日々の記憶

河井醉茗の「春の詩集」を読みました。岩波文庫『醉茗詩抄』青空文庫で読めます。→図書カード:春の詩集 河井酔茗は、1874年(明治7年)大阪生まれの詩人です。詩集に『無限弓』『灯影』などがあります。口語自由詩を提唱して、「文庫」(少年文庫)の記者とし…

闘病中の我が家の食事事情:病気の話25

10月に入ってから、ようやく少しずつ料理をするようになりました。 抗ガン治療がはじまってから、貧血やしびれなどの副作用で、長い間立っていられなかったのと、眼底出血であまり目が見えなかったこともあって、台所に立つことができなくなっていました。 …

糖尿病の人も食べられる高カカオチョコレート

今日の1枚の写真はこちら。チョコレートです。 昨年12月に自分が糖尿病だと知ってから、大好きなチョコレートはひと口も食べていませんでした。当然ケーキやクッキーなどのスイーツもです。 もう一生スイーツは食べられないと覚悟を決めていたのですが、先…

インシュリン注射卒業しました♪:病気の話24

10月12日に婦人科と代謝内科の外来に行ってきました。現在は2ヶ月に1回診察に行っています。 今回から婦人科と代謝内科のサイクルが合って、同じ日に予約できるようになったので楽になりました。プラス、別の日に眼科。こちらも2ヶ月に1回です。 前回ま…

母の緊急入院と老健施設への入所:病気の話23

4回目の抗ガン治療を終えて退院したばかりの頃、母が緊急入院しました。 母は私の実母です。認知症で、着替えなど最低限の身の回りのことは概ね自分でできますが、失禁してもそのことを自覚できない状態です。介護保険のランクは要介護1、週2回デイケアに…

手ぶくろ・山村暮鳥:短い詩からひろがる物語

山村暮鳥作の「手ぶくろ」を読みました。底本は『日本児童文学大系』第14巻(ぽるぷ出版)、親本は昭和16年(1941年)『春の膿のうた』(教文館)です。青空文庫で読みました。→図書カード:手ぶくろ 山村暮鳥(1884-1924)は、群馬県生まれの詩人、児童文学者。神…

抗ガン治療を終えて約4ヶ月ヘアスタイルはベリーベリーショートです。:病気の話22

抗ガン治療・化学療法6回が終わってから約4ヶ月が過ぎました。まだ副作用は残っていますが、少しずつ少しずつ回復しています。 副作用で抜けてしまった髪も伸びはじめました。現在2cmくらい。ベリーベリーショート、少し伸びた丸刈りと言ったところです。

クルミ(ナッツ)は血糖値が上がりにくい食べ物

今日の1枚の写真はこちら。最近の私のおやつです。 糖尿病であることが発覚してから、基本的に間食は止めましたが、やはり、どうしてもお腹が空いた時、口寂しくて何かちょっとつまみたい時もあります。そんな時につまむのがこれ。 生協のパルシステムさん…

サーカス・中原中也:言葉の感覚に身震いする

中原中也の「サーカス」を読みました。詩集『山羊の歌』の一篇です。青空文庫で読みました。→図書カード:山羊の歌 中原中也(1907-1937)は、日本の詩人。歌人。ランボオの詩の翻訳も手がけています。30歳で亡くなっています。

抗ガン治療化学療法の副作用2:病気の話21

6回の抗ガン治療・化学療法を終えて約3か月が過ぎました。少しずつ体力がもどり、副作用が少なくなり、抗ガン剤のダメージは減ってきているように感じます。 副作用は使う抗ガン剤によっても、人によってもそれぞれ。症状も感じ方も違うそうです。抗ガン治…

目の手術・白内障と眼底出血:病気の話20

抗ガン治療6回終了後4週間、副作用が落ち着いてきた時期に、予定通り眼科の手術をしました。手術は、当日の午前中に入院して、午後に左目の手術、一日あけて翌日に右目の手術ということになりました。 白内障の手術などは日帰りということもありますが、私…

目が見えなくなった理由は眼底出血でした:病気の話19

暖かいコメントやメッセージありがとうございます。個々にお返事できないこと、お許しください。どれも嬉しく拝見して、励みになっています。 4月上旬に再び目が見えなくなり、ブログが更新できなくなっていたのですが、その原因は眼底出血でした。 左目は少…

3ヶ月ぶりの更新です:病気の話18

ご無沙汰しました。 いつの間にか3ヶ月が過ぎていました。もう夏ですね。 実は4月上旬に、良くなっていた目がまた見えなくなりブログを書くことができなくなっていました。加えて。抗ガン治療が4回目、5回目、6回目と進むにつれて副作用がきつくなって…

ひなたぼっこで免疫力アップ:病気の話17

退院してからの私は、天気の良い午前中にひなたぼっこをするのが日課になりました。朝食後に日当たりの良い廊下に椅子を持ち出して、15分から20分くらい、ぼーっとお日様にあたっています。 早春から春にかけて、朝の日差しはとても優しくて、なんだかとても…

糖尿病の日常の食事:病気の話16

闘病中の話もようやくリアルタイムに追いついてきました。忘れないうちに書き留めておこうと思い一気に書いてきてしまいました。 プライベートな内容にもかかわらず、お付き合いいただきありがとうございました。 徐々にいつものブログにもどるつもりですが…

限度額適用の認定は高額医療費支払いの助船でした:病気の話15

長期間の入院、手術、レーザー治療、CT撮影をしながらお腹に針を刺す治療、抗ガン治療、等々さまざまな治療を受けてきましたが、リアルな話、医療費はバカになりません。 ましてや我が家は現在、蓄えを削って暮らしている無収入家庭。夫が家にいてくれたお…

医療用帽子。抗ガン治療中の愛用品です

抗ガン治療で髪が抜けてきて以来愛用している医療用帽子です。 最初は、洋品店でおシャレ用の帽子を買ったり、100円ショップで毛糸の帽子を買ったりして使っていました。でも、実際に使ってみると一日のほとんどの時間かぶっているようにはできていなので、…

抗ガン治療化学療法の副作用:病気の話14

今日までに2回の抗ガン治療・化学療法を受けて、この記事を予約投稿している3月17日は、3回目の治療が終わって退院する日の予定です。 1回目より2回目の方が副作用が強くなってきて、3回目、4回目と治療を重ねるとどうなってしまうのか、少し不安では…

抗ガン治療スタート・化学療法:病気の話13

ようやく2月28日に退院したものの、またすぐに3月1日に、抗ガン治療のため入院しました。 治療は原則2泊3日の入院で、まん中の日に治療。3週間または、体調によっては4週間の間隔を開けて全6回の予定です。

病理検査の結果。ようやく退院でもまだまだ治療は続く:病気の話12

CT撮影をしながらお腹に針を刺すという治療を受けて、その後のようすを見ていました。3回目の治療をしてから2日ほどした頃に、ようやく熱が下がってきて、血液の炎症反応も消えました。これがダメなら再手術と言われていただけにほっとしました。 もともと…

眼科のレーザー治療で視力が回復してきました:病気の話11

眼科の治療のために入院したはずなのに、いつのまにか婦人科がメインになってしまっていましたが、合間に眼科の治療も続けていました。 これまでに婦人科の手術前に2回、手術後に2回、退院後に2回診察と治療を受けています。

CT撮影しながらお腹に針を刺す治療2回目と3回目:病気の話10

CT撮影しながらお腹に針を刺すという治療をして、ドレイン (管)でお腹に溜まった悪い物を外に出して、回復して行くと期待していたのですが、残念ながら熱は37度~38度を行ったり来たり、血液中の炎症反応も収まりませんでした。 そのため、数日して、2回…

CT撮影しながらお腹に針を刺す治療1回目:病気の話9

退院前夜に39度の熱を出して退院が延期になってしまいました。血液検査だのCTだの検査して、主治医と手術を担当ししてくださった医療チームの先生方が原因を探ってくださっていました。 血液検査では炎症反応があり、CTでは腹水が溜まっているようだとの…

骨盤内腫瘍手術からの回復と退院前夜の発熱:病気の話8

手術後、一日はナースセンター近くの個室で経過観察になります。病棟に戻ってからの気分は最悪でした。部分麻酔が効いているため痛みはありませんでしたが、吐き気がして目が開けられませんでした。 体が交互に熱くなったり、寒くなったりしました。一度など…

骨盤内腫瘍の手術:病気の話7

2016年の年末を自宅で過ごして、新年早々、1月2日の午後に再入院しました。4日の午後に手術をして、約1週間の入院予定でした。 もうこうなっては「まな板の鯉」です。なるようになるさ、と、開き直った感じでした。 前日は、朝食は食べましたが、そ…

手術の準備と年末の一時退院:病気の話6

産婦人科の病棟に移ってからも、血糖の調整は続きました。インシュリンの投与はもちろん、薬剤師さんからの薬剤についての説明、管理栄養士さんからの栄養指導も受けのました。 血糖調整を続けながら、ふと気がついたのですけれど、糖尿病の治療は、病気その…

抗ガン治療の副作用で髪が抜けてきました:病気の話5

病気の話は、入院中だった1月頃ことを書いていますが、今回は、私の現状について少し書いてみようと思います。 くわしくはまた後で書くつもりですが、手術から回復して退院した後、現在は抗ガン治療で「化学療法」を受けています。 抗ガン剤を点滴する治療…

骨盤内腫瘍治療のため産婦人科へ病棟移動:病気の話4

最初の予定では、代謝内科で20日間の血糖値調整をしてから、その後、眼科の手術をするはずでした。でも、私にはその時、もうひとつ気になるところがあったのです。 それは、左下腹部の圧迫感。触ったときに毎回感じるのではありませんでしたが、たまに何か固…