おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。日々を心豊かに暮らすために考えたことを綴っています。

「野菜のスープ煮」バリエーション自由自在:糖尿病患者の食卓

 今日のメニューはこちら。野菜のスープ煮です。

最近、週1くらいの割合で食卓に上がっています。

f:id:kukiha-na:20171024225311p:plain

材料をお鍋にいれてコトコト煮るだけなので、お鍋をIHヒーターに乗せたら、後は食卓に座ってコーヒーを飲んでいるだけという横着メニューです。 

続きを読む

糖尿病の影響で左目にむくみが出る:病気の話26

、11月30日に、2ヶ月ぶりに眼科外来に行ってきました。

前回までは経過良好で、順調だったのですが、今回の検査で、左目に再び「むくみ」が出ていることがわかりました。

f:id:kukiha-na:20170302161700p:plain

目が見えにくいという自覚症状もなく、良くなってきたと思っていたのでガッカリ。

やはり糖尿病の影響だろうということです。

続きを読む

春の詩集・河井醉茗:そっと心に秘める青春の日々の記憶

河井醉茗の「春の詩集」を読みました。岩波文庫『醉茗詩抄』青空文庫で読めます。→図書カード:春の詩集

 f:id:kukiha-na:20171022225432p:plain

 河井酔茗は、1874年(明治7年)大阪生まれの詩人です。詩集に『無限弓』『灯影』などがあります。口語自由詩を提唱して、「文庫」(少年文庫)の記者として詩蘭を担当して、北原白秋島木赤彦など、多くの詩人を育てました。 

続きを読む

闘病中の我が家の食事事情:病気の話25

10月に入ってから、ようやく少しずつ料理をするようになりました。

抗ガン治療がはじまってから、貧血やしびれなどの副作用で、長い間立っていられなかったのと、眼底出血であまり目が見えなかったこともあって、台所に立つことができなくなっていました。 

f:id:kukiha-na:20171024225334p:plain

抗ガン治療が終わって約5ヶ月になりますから、だいぶ回復してきました。最近は、夕食に、簡単にできるおかずを作るようにしています。

私が料理が作れなかった間、我が家の食事はどうしていたかと言いますと、すべて夫が用意してくれていました。 

続きを読む

糖尿病の人も食べられる高カカオチョコレート

今日の1枚の写真はこちら。チョコレートです。 

f:id:kukiha-na:20171018225241p:plain

昨年12月に自分が糖尿病だと知ってから、大好きなチョコレートはひと口も食べていませんでした。当然ケーキやクッキーなどのスイーツもです。 

もう一生スイーツは食べられないと覚悟を決めていたのですが、先日、ネットでGI値の低い食べ物を調べていて、見つけてしまったのです。 

続きを読む