おばさんは電気炬燵で夢をみるのか?

夫が定年目前にリストラ。無給生活に突入したお気楽主婦日記。心豊かに暮らすために詩を読む生活はじめました。

3ヶ月ぶりの更新です:病気の話18

ご無沙汰しました。 いつの間にか3ヶ月が過ぎていました。もう夏ですね。

実は4月上旬に、良くなっていた目がまた見えなくなりフログを書くことができなくなっていました。加えて。抗ガン治療が4回目、5回目、6回目と進むにつれて副作用がきつくなって、パソコンの前に座っていることがつらくなってきました。

それで昨日までまったくパソコンを起動しない生活を過ごしていました。

続きを読む

ひなたぼっこで免疫力アップ:病気の話17

退院してからの私は、天気の良い午前中にひなたぼっこをするのが日課になりました。朝食後に日当たりの良い廊下に椅子を持ち出して、15分から20分くらい、ぼーっとお日様にあたっています。

f:id:kukiha-na:20170322223924p:plain

早春から春にかけて、朝の日差しはとても優しくて、なんだかとても幸せな気分になるのです。

近年はオゾン層の破戒とかで太陽の光をを避ける傾向にありますが、実は、適度におひさまの光を浴びると良いことがあります。

続きを読む

糖尿病の日常の食事:病気の話16

闘病中の話もようやくリアルタイムに追いついてきました。忘れないうちに書き留めておこうと思い一気に書いてきてしまいました。

プライベートな内容にもかかわらず、お付き合いいただきありがとうございました。

f:id:kukiha-na:20170313205137p:plain

徐々にいつものブログにもどるつもりですが、これからも治療は続きますし、病気を悪化させないための日常生活は続きます。その中で感じたことも、ぼちぼち書いて行けたらと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、糖尿病である私の退院後の食事についてお話ししてみようと思います。

続きを読む

詩集青い世界:やまい・仲津麻子

 中学~高校生の頃に書いた詩です。つたない詩で恥ずかしいのですが、あえて記録しておくことにします。 

f:id:kukiha-na:20161111012500p:plain 

青春時代の「何とはなしの憂鬱」な気分を書いた詩です。大人になってから思い出すと甘いなと思ってしまうのですが、当時は、どうにもならない精一杯の感情だったのだと思います。

続きを読む

限度額適用の認定は高額医療費支払いの助船でした:病気の話15

 長期間の入院、手術、レーザー治療、CT撮影をしながらお腹に針を刺す治療、抗ガン治療、等々さまざまな治療を受けてきましたが、リアルな話、医療費はバカになりません。

ましてや我が家は現在、蓄えを削って暮らしている無収入家庭。夫が家にいてくれたおかげで、とても助かった反面、経済的にはなかなか大変です。 

f:id:kukiha-na:20170309204858p:plain

それでも病院の窓口で「健康保険限度額適用」という制度を教えてもらって手続きをしたので、かなり助かりました。

続きを読む